中古VS新築 
あなたはどっち?!

▼ SITE TOP

▼ PAGE TOP

「私たちが選んだ理由」

新築住宅を買うべきか。中古住宅を買うべきか。みなさんがどんな理由で購入したのか気になります。そこでアンケート結果がありました。新築住宅を買った人と中古住宅を買った人、それぞれに「なぜ、その家に決めたのですか?」という聞き取り調査をすると、「(購入を決めた)住宅の立地条件がよかったから」と答えたいる人が、新築住宅・中古住宅ともに60%前後という結果になっていました。このデータをみると、注文住宅を建てたかったということではなく、家を買う場合には、「立地条件」がとてもに重要視されていることがわかりました。

どうして、中古住宅を選ばなかったのかその理由を聞いてみると、

といった上記の理由で、新築住宅を買った人には、中古住宅の性能や品質に疑問や不安を抱いている人が多くみられて、最初から新築にターゲットを絞って検討していた様子がわかりました。

中古OR新築問題?!
株式会社ワンスタイル。あなたのお探しの物件がここにある。賃貸 仙台でお探しでしたら我々が力になります!ご家族みんなで住める広めのファミリー向け物件やペット可物件の情報もございますのでお気軽にお声掛けください。
皆様それぞれが思い描く暮らしの舞台となるのが「住まい」です。宇都宮 マンションは、お客様各々の思いに合致した最高の舞台をご用意致します。

また、他のアンケートでも、「新築住宅だから」や「新築のほうが気持ちが良い」といった新築へのこだわり理由が一番でした。他の中古住宅を選ばなかった理由の中に、「保証やアフターサービスがないと思った」といった回答も1割弱ですがありました。「適正価格が分からなかった」「売りに出ている家には運気がない」といった理由もありました。

中古住宅を選んだ人には、なぜ中古住宅にしようと考えたのか、その理由を聞いてみると、

との結果になっています。中古住宅購入者は、一番に価格の安さに魅力を感じているため、4割以上の人が積極的に中古住宅を選択していると結果になっていることが分かりました。そして、購入後リフォームしようと計画している人も3割以上を越えました。手を加えることで、品質向上が出来ると考えている人が多いようです。

そして、他のアンケートでも「価格が適正だと思った」「予算が手ごろ」とこちらも価格重視のコメントが8割近くになっていました。そして、他の理由の中には「保証やアフターサービスが付いていたから」といった回答が1割を超えていました。「住めば同じ」「新築から中古で売ると値引き率が高いけど、中古から中古だと値引き率は低い」といった理由もありました。

注目すべきは、新築を買った人と中古を買った人。両者の考え方の違いは、リフォームについての違いが正反対になっています。中古住宅を買った人達は、中古物件を買って物件で不満部分やマイナス項目に関しては、リフォームで補えると考えています。新築住宅を買った人達は、多額のリフォーム費用がかかるよりも、リフォーム不要の新築住宅のほうがいいと、まったく逆の考え方をしています。

中古住宅を選んだ人は、購入するにあたっていろいろ中古住宅の内容を確認しながら購入を進めていった様子が分かります。新築にこだわらず探し、探した物件の中で気に入らないところはリフォーム。と割り切った考え方をして自分たちが納得したうえでの購入となっています。、

そして、中古住宅を買った人たちの家は、築年数はどれぐらいの住宅を選んだのか、築年数を聞いてみると

と言う結果になっています。半分以上が築年数が20年未満の物件を選んでいる事には、ローン減税の恩恵が受けれるかどうか。という点があると考えられます。木造の場合では、一定の耐震基準を満たしていても、築20年以内(耐火建築物の場合は築25年以内)であれば減税を受けられるという条件があるからです。税制の恩恵というも大きなポイントになるので、20年以内というのが人気になっています。

中古住宅を買った人達の築年数は20年未満が50%を越えていますが、欧米では築年数50年や100年といった住宅が、ごくごく当たり前に売買されています。日本の家は短命だといわれていますが、欧米では古い・新しいといった視点ではなく、住宅そのものの価値が認められているといえるでしょう。

欧米では、不動産の価値を判断するときには、築年数が古くなっていてもほとんど問題にはなりません。判断基準は、立地条件や家の規模などのほかに、きちんと手入れされているか、よい状態が維持されているかどうかというところが判断の基準となっているからです。中古住宅のほうが価格が高いことはあっても、日本のように古くなるにつれてどんどん価格が下がるということはありません。

税金の恩恵が受けれなくなる点もありますが、古いと住宅ローンも借りれないかもしれないといったことも考えられます。

イギリスやアメリカ・フランスでも手入れがきちんと行き届いている物件であるならば、たとえ築70年超えの物件でも住宅ローンを組むことが出来ます。日本の場合で考えてみると、おそらく家に関しては融資から除外され、土地に対しての融資になると思われます。

日本では中古よりも新築。中古ならば築浅で20年以内というのは、税制面と住宅ローンにも密接な関係があることが分かりました。